ブローネマルクインプラントシステムとは?

ブローネマルクシステム

ブローネマルクシステムのインプラント治療が受けられるクリニックには、
右のようなステッカーが張ってあります。
このマークは信頼できるインプラント手術が受けられる歯医者の印です。

長期間にわたる生物学的な研究により、
チタンと骨の組織が・体化することが科学的に証明されました。
これらの基礎研究から外科学、補綴(ほてつ)学まで、
ハード・ソフトの両面から研究開発が積み重ねられています。

このような綿密な調査・研究により、長期にわたる良好な予後が期待できる、
信頼性の高いシステムが確立したのです。
ブローネマルクシステムのインプラント療法は、
現在、30を越える国々で行われています。
この40年間で約60万人の患者さんが治療を受け、快適な生活を手に入れました。
1983年に初めて導入された日本では、まだ、なじみが浅いかもしれません。
しかし、ブローネマルクシステムは世界各国でインプラント治療の代名詞として
広く知られているのです。

一口にインプラントといっても様々なシステムがあり、安全性はそれぞれ異なります。
ブローネマルクシステムによるオッセオインテグレーテッド・インプラントは、
1952年にスウェーデンのペル・インクヴアール・ブローネマルク博士が、
チタンと骨が完全に結合することを偶然発見したことから生まれたものです。

博士はその後13年間、綿密な基礎実験と動物実験を重ね、
チタンがある一定の条件で骨に埋入された場合、
チタンに対する骨の拒否反応は全くといってよいほど起こらず、
そればかりかチタンの表面を覆う酸素の膜を通して強い結合が
生まれることを確信しました。

そして1965年、初めて人工歯根としての臨床応用をスタートし、
以来、最も信頼性の高い歯科インプラントとして世界中で使用されています。

undefined

中央がブローネマルク先生、その右横が小宮山先生
その後ろにいるのが院長です!(07年ブラジルでの研修にて)