インプラントよくある質問

Q.インプラント手術は痛くありませんか?
A.手術中は十分な麻酔下で行われますので痛みを感じることはありません。手術後2~3日は腫れたり、痛んだりすることもあるようですが、普通は歯を抜いた時の痛みほどひどいものではありません。腫れも1~2日でひきますのでご安心下さい。
Q.以前の自分の歯と同じように噛むことができますか? 違和感はありませんか?
A.当院で導入しているブローネマルクシステムのインプラントでしたら、治療後の噛む機能は著しく改善されます。慣れるまで、多少、違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれば、自然の歯に匹敵する機能が得られます。肉、たくあん、フランスパン、りんごなど自分自身の歯で食事をされていたときに食べることのできたものは全て以前のように食べることが可能です。
Q.インプラント治療は、現在通っている歯科医院でも受けることができますか?
A.すべての歯科医院でインプラント治療が受けられるわけではありません。インプラントを導入していない歯科医の場合は、研修を受けた専門医を紹介してもらうと良いでしょう。また、保険治療を行っていないインプラント専門医の場合、その後の主治医として信頼できる保険医を紹介してもらうのが一般的です。一度インプラント治療を受けても、以後の治療をすべてインプラントで行わなければならないということはありません。
Q.インプラントを適用できない場合はありますか?
A.1本だけ歯を失った場合、複数の歯を失った場合、まったく歯が残っていない場合、いずれにおいてもインプラントによる治療は可能です。ただし、下に挙げたような条件下では注意が必要ですので、まずは面談と検査を受けて頂いてから判断して頂くと良いと思います。

インプラント治療が制限されるケース

  • 妊娠中の方
  • 全身疾患のある方
  • 他の歯根に感染症がある方、歯周病の方
  • あごの骨の量が少ない方、骨粗髪症の方
  • 糖尿病や高血圧などの慢性疾患がある方は良好な状態にコントロールされていることが条件になります。

インプラント治療が適用できないケース

  • あごの骨の成長が終わっていない16歳以下の方
  • 歯磨きなどの日常の手入れが充分にできない方
  • アルコール依存症の方
  • 医師との協調が得られない、精神的に問題のある方
  • チタンヘのアレルギーを持っている方
Q.治療費はいくらぐらいですか?
A.インプラントを埋め込む本数や、治療方針、義歯部分の作製にかかる費用など、症例によって異なりますので、歯科医師に事前に相談し、費用についても充分納得されてから治療を始めることが大切です。日本ではインプラント治療は医療保険が適用されませんので、従来の治療法に比べて高額と思われることが多いようです。しかし、総入れ歯を何度も作り直した例や、インプラントによる治療結果、効果を総合的に考慮すると、一概に高額とは言えないでしょう。
Q.インプラントは何年ぐらいもちますか?
A.1965年に初めて埋め込まれたインプラントが、現在も義歯を支える働きを果たしていることから、衛生状態が良く保たれているインプラントは、長い期間にわたって良好に機能することが期待できます。反対に、手入れが良くないと、インプラントの寿命が短くなることも考えられます。
Q.治療期問はどのぐらいかかりますか?
A.インプラントの本数や埋め込まれる箇所、採用される治療方法によって差がありますが、通常、インプラントが顎の骨と結合するまで4~6ヵ月ぐらいです。また、インプラント手術は2時間ほどで終了します。
Q.手術の際・入院が必要ですか?
A.入院の必要はありません。また、充分な麻酔下で手術を行いますので、従来の歯科診療に比べても痛みを感じる度合いは強くないと言えます。
Q.まったく歯が残っていない場合でも治療できますか?
A.失われた本数は基本的に問題ではありません。全くの無歯顎の方でも、部分的に歯がなくなった方でもインプラント治療は可能ですし、事故などの理由による通常の補綴物などを入れるのが難しい症例でもインプラントならば対応できます。また、高齢者の方でも全身疾患のある方以外はまったく問題ありませんので、高齢化が進む現在、もっとも注目されている歯科治療法ですし、実際に治療されて食べる楽しみはもちろん、生き生きとした生活を取り戻したお年寄りがどんどん増えています。
Q.手術後のお手入れ方法について教えてください。
A.自然の歯と同様に清潔に口の中を保つこと、そして定期的な検査が必要になります。定期検診の頻度、歯磨きやデンタルフロスなどの清掃用具の選択、使用方法などは歯科医師または歯科衛生士の指示に従ってください。定期検診は、きちんと清掃できているか、噛み合わせはどうかなどをチェックするものです。決して大掛かりなものではありませんが、インプラントを長持ちさせるために、たいへん重要なことです。
Q.ブローネマルクシステムのインプラントが他のものより優れているのはなぜですか?
A.インプラント開発者の名前を使用していることからもわかるように、ブローネマルクシステムのインプラントが世界初の科学的に証明されたオッセオインテグレーションインプラントであり、今日まで世界各国の歯科医師の間で常に一番多く選ばれています。これは、40年以上の研究と開発、臨床実績、常に改良を続けるブローネマルクシステムの姿勢と成果が、多くの歯科医と患者さんに評価されているからで、事実上、世界標準であると言って良いでしょう。特にインプラントが一般的な治療法である欧米では、別格のものに位置づけられているほどで、この確かな安全性と信頼性から導入されているのです。(ブローネマルクシステムの詳細については「ブローネマルクシステムとは?」をご覧下さい)

(2008.03.11現在)