歯周病予防

多くの方が、虫歯が原因で歯が抜けてしまうと思っています。
しかし、現実はそうではありません。
下図のように46歳~55歳の方で、歯が抜ける原因の約半分が歯周病なのです。

チャート

皆さん、歯周病ってどんな病気だかご存知ですか?
そもそも、歯というのは何によって、支えられているでしょうか?
多くの方は「歯ぐき」と答えます。
しかし、実際には違います。
実際には、歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨によって支えられているのです。

断面図

この歯槽骨が溶けてしまう病気が歯周病なのです。
歯を支えている骨がなくなってしまうと、歯は支えを失って抜けてしまうのです。

この溶けてしまった歯槽骨は元に戻るでしょうか?
これは、元に戻りません(再生療法以外では)!!
歯の表面であれば、悪いところを削ってつめて、かぶせ物をすることで補うことができますが、歯茎の下にある歯槽骨を削って詰めることはできないのです。
ということは、歯周病は進行を食い止めることはできるのですが、治すことはできないのです。
しかも!恐ろしいことに歯周病は痛みが無く、進行します。

歯周病は痛みが無く進行する

皆さん、虫歯になれば痛くなりますよね?
だから、「痛くなったら歯医者に行くものだ」と思う方が多いわけで、痛みが無く進行する歯周病になると、歯の表面は虫歯じゃないんだけど、歯ぐきの下で歯周病が進行し、虫歯になって久しぶりに歯医者に行ってみたら歯周病が進行していたということが多いのです。

こういうことが多いのですが、本人は自覚がありません。
ですから、「○○さん、虫歯の治療の前に歯石を取るようにしましょう」と申し上げても、なかなか理解をしてくださらないということがよくあります。
自覚症状が無い歯周病を予防していくためにも、1~3ヶ月に1度の定期的なメインテナンスが欠かせないのです。

「いやー、別に俺は関係ないよ」とおっしゃる方も多いのですが、そんなことはありません。現在、日本の成人の約80%が上記の歯周病の何らかの段階に入ると言われております。ちなみに、歯周病が進行してしまうと、インプラントでの歯を復活させるということも難しくなります。