医院理念・院長プロフィール

患者さんの歯を
生涯に渡り守り続ける

undefined

医院長 深川聖彦

「患者さんの歯を生涯に渡り守り続ける」ことを第一義としております。
そのためには、メンテナンスが必要不可欠です。メンテナンスなくしてあなたの歯を生涯に渡り守り続けることは不可能です。 歯科医療先進国では当たり前のメンテナンスが日本では行われておりません。 事実、何のメンテナンスも受けず放ったらかしにされて、痛いところだけ治療してきた日本型歯科医療の結果、 日本人高齢者の多くが入れ歯のお世話になっているのは周知の事実です。

再度申し上げます。
あなたの歯を生涯に渡り守り続けるにはメンテナンスが必要不可欠なのです。

さらに、よりよい口腔内環境(むし歯菌や歯周病菌が少なく、歯の欠損も補われている状態)で メンテナンスをスタートするに越したことはございません。 悪い口腔内環境のままメンテナンスをスタートしてしまうと、生涯に渡り歯を守ることはとても困難となります。

私共が電話及び初診の際に簡単に説明している内容は、上述のよりよいメンテナンスのスタートを切るためには 前準備が必要という内容です。この前準備のことをMTM(Medical Treatment Model)と呼んでおります。 MTMとは、虫歯や歯周病のリスク(罹患しやすくする原因)を発見し、それをマネージメント(統御、管理)することです。 種々の検査や、プラークコントロール、応急処置、最終補綴物(入れ歯やさし歯)装着まで行います。
そして、MTMを終えてよりよいスタートを切る環境が整ったと判断できて初めてメンテナンスをスタートします。

その頃になりますと、患者さん一人一人の情報がたくさん蓄積されております。 私共はその情報をスタッフ全員で共有し、当院の総力を挙げて患者さん一人一人を全力でサポート致します。 患者さんには「見守られているんだ」という気持ちになってもらえたらうれしい限りです。
メンテナンスのたびにこれから先10年後に御自身の歯が今と同じように残っている明るい未来を提示します。 そして、そのためには今何をなせばよいのか共に考え、なすべきことを共に実践して参ります。

くどいようですがもう一度申し上げます。
「患者さんの歯を生涯に渡り守り続ける」ことが当院の使命と考えております。
そのため従来型の「痛いところだけ治してほしい」という方には他院を紹介しております。
一生涯自分の歯を守りたいというお考えの方のために存在する歯科医院です。
医療法人 佳聖会 理事長 深川聖彦

患者様に対して

  • 患者様一人ひとりに対して、最善、最新にして本物の治療を提供します。
  • 明るく、知的な診療室の中で安心・清潔・丁寧な医療サービスを提供します。
  • 患者様のニーズにお応えし、心から満足して頂けるホスピタリティを提供します。

スタッフに対して

  • のびのびと楽しく安心して働ける職場環境の中で、自主性と協調性を重んじます。
  • 共感する感性を研ぎ澄まし、診療技術に関する研鑽を怠らず、人間的に成長し続けることを求めます。
  • みなみ歯科で働くことにプライドを持てる処遇と雇用環境を提供します。

地域社会に対して

  • 地域社会に貢献できる人間であるように、スタッフ共々精進します。
  • 地域社会の皆様に、お口の健康の大切さを啓蒙し続けます。
  • みなみ歯科周辺の環境美化・維持へ積極的に取り組みます。

院長 深川聖彦の略歴

昭和55年3月 秋田県立能代高等学校卒業
昭和59年4月 岩手医科大学歯学部入学
平成3年4月 岩手医科大学大学院歯学研究科入学
歯科補綴学第二講座
平成3年5月 第114563号をもって歯科医籍に登録
平成7年3月 岩医大院歯博第94号をもって学位取得
平成7年4月 岩手県胆沢郡胆沢町国保若柳病院歯科医長就任
平成8年 胆沢町歯科保健センター所長就任
平成9年4月 岩手医科大学歯学部第二補綴科勤務
平成9年10月 佐藤歯科合川診療所勤務
平成11年4月 秋田県能代市に“みなみ歯科”開院
平成14年4月 みなみ歯科・のしろインプラントセンター開設